近未来的でかっこいい!新型プリウスPHVを女の子目線で徹底評価

WAKO

カーレビュー初登場のWAKOです。今回レビューするのは2017年2月にフルモデルチェンジしたプリウスPHVです。PHVとは「プラグインハイブリッド」のこと。コンセントから充電して走ることができるのはもちろん、ガソリンで走ることも可能なクルマです。最初に見た時は「あれ?プリウスってこんなデザインだったっけ?」と思ったくらいがらっと印象が変わりました。今日は隅々までじっくり見ていきますよ。ぜひ、お付き合いください!

今回レビューする車のグレードは「Aプレミアム(4,222,800円)」。水色が素敵ですね。「スピリテッドアクアメタリック」というそうで、プリウスPHVのために開発された新色だそうです。

まずは外観からチェック!



フロントマスクは、低重心でカッコイイですね!大型アクリルグリルが精悍な印象です。今までのプリウスとはまったく別物ですね。



シャープなお目めには4灯のLEDランプが。バンパーの両サイドに縦長のランプが配置されています。



ボンネット表面の緩やかな曲線やくぼみが艷やかで素敵です。

サイドヴュー



続いてサイドビューです。高さは「147cm」です。



プラグインハイブリッドのロゴが輝いています。



サイドミラーもしっかりデザインされていて高級感があります。



プリウスPHVは、驚くことに大型ソーラーパネルを車両ルーフに搭載し、駐車中に太陽光をEV走行用エネルギーに変えるシステムを実現しています(ネッツ石川注:ソーラー充電システムはS“ナビパッケージ”、Sにメーカーオプション)

充電について



電気自動車の充電方法って、ガソリン車に乗っていると、全然知らないですよね。でも、ネッツのお兄さんに聞いたらとても簡単でした。知ったばかりの知識をドヤ顔で紹介しますね(笑)。まずは充電ポートをプッシュして空けます。



これが充電ポートです。左で普通充電、右で急速充電ができます。普通充電は一戸建て、商業施設、宿泊施設などに主に設置されていて、充電時間は、200Vであれば「約2時間20分」、100Vであれば「約14時間」で満充電になります。急速充電は、コンビニ、道の駅、高速道路SAなどに設置され、「約20分」で満充電量の約80%充電できるとのことです。

また、カタログによると満充電なら「68.2km(JC08モード)」もモーターのみで走ることができるそうです。ガソリンを使う機会は少なそうです。



充電は、車とコンセントを充電ケーブルでつなぐだけ。簡単ですね。普通充電なら、今あるご家庭の配線を利用できます。屋外にアース付きのコンセントが必要なので、無い場合は簡単な工事が必要になります。



この「ヴィークルパワーコネクター」を使えば、電力を「走る」以外にも使うことができます。外で電化製品を使うことができるのです(ドヤ!笑)。



使い方は簡単、コネクターに電化製品のコンセントをつないで...



車につなぐだけです。アウトドアや万一の災害時に役立つことでしょう。

リアヴュー



続いてリアビューをみていきます。フロント同様曲線を多用したデザインです。



この後ろ30度くらいの角度からの見た目が好きです。



これだけ厚みのあるデザイン、他にないですよね。ひと目でプリウスPHVと分かる後ろ姿、誇らしい気持ちになりますよね。



ブレーキランプをつけるとこんな感じ。昼間も夜も存在感を発揮しそうです。



このバックドアガラスの緩やかなくぼみは、空気がすっと抜けるように考えられたデザインだそうです。

インテリア(運転席・助手席)をチェック!



では、車に乗り込みます。運転席下部にシートポジションを操作できるスイッチがあります。前後スライド、リクライニングに加え、シート上下、座面前端上下、さらに腰を支えるランバーサポートの調整も可能。座り心地最高です。(ネッツ石川注:AプレミアムとAレザーパッケージに標準)



手になじむグリップ、質感よいです。ステアリングスイッチでは、マルチインフォメーションディスプレイ内の表示切替やオーディオなどの操作ができます。ステアリングヒーターもついていて寒い日も快適です。



全幅は「1,760mm」。普段、普通車を運転するわたしにとって、車の大きさは問題なさそうです。運転席からの見晴らしも良好です。



エンジンスタートするとウィンドウガラスにスピードメーターやさまざまな案内情報が投影されます!少ない視線移動で、瞬時に情報を得られるのは嬉しいですね。



運転席と助手席の間にカップホルダーが2個付いています。



USBポートもありました。スマホの充電ができますね。



これは、シートヒータースイッチです。HI-LOモードの2つあり、切り替えることができます。寒い日は脚が冷えやすいので、シートヒーターがあると快適ですよ。



サンバイザーのミラーは、もう少し大きくでもよいかな。



これは、緊急用のヘルプネットというスイッチです。スイッチを押すと、突然の事故や急病などの時に、専門のオペレーターが迅速に警察や消防の手配を行ってくれます。GPSで車両位置や車両情報が自動で通知されるので迅速に対応してもらうことができます。



座り心地のいいシート、光沢があって見た目がよいだけでなく、肌触りも良好です。ぜひお店で触ってくださいね。



見てくださいこの大画面。11.6インチあります。縦配置なのも珍しいですね。



大画面なので見やすく、画面上のボタンも押しやすいです。



フリックやピンチイン/アウトなどスマホ・タブレット感覚で操作できます。



2画面に分割して、ナビ画面を表示しながら、オーディオや空調など、他の機能を表示・操作できます。

DCM(専用通信機)という機械で常にネットワークにつながっていて色々なサービスが受けられるそうです(この撮影中に誤って盗難防止アラームが鳴ってしまった時に、確認の電話がかかっていたそうです)。詳しくはネッツのお店で質問してください。



乗降性は車高、座席位置が高くないので、よいということはないです。

後部座席の居住性をチェック!



続いて後部座席に乗り込みました。頭上、足元ともに少し余裕があります。



プリウスPHVは4人乗りです。シートが分割されているので、一体型のシートより座り心地がよいです。



後部座席の真ん中には座ることができませんが、その分、収納が充実しています。ボックスを兼ねたアームレストとカップホルダーが2個あります。



お、コンセント発見。携帯ゲーム機の充電もできますね(笑)。

収納力をチェック!



最後にラゲージスペースをチェックします。



バックドア内側をカーボン製にすることで、剛性を保ちながら軽量化を実現できたそうです。肌触りがよいです。



底面は厚みがあります。その分、積める荷物は少なそうです。この下に大きなバッテリーが入っています。



先端部分を開けると、充電ケーブルなどを収納できるスペースがあります。



収納可能なカバーもついています。荷物を隠したい時に便利ですね。



ラゲッジスペースにもコンセントが。



サイドにも収納ボックスがあります。左側はタイヤパンク応急修理キットが入っていますが、右側は小物を収納できます。



後部座席を倒してより広く使うこともできます。写真はすべて倒した状態ですが、6:4分割できるので、荷物の大きさに合わせて調整できます。

まとめ



新型プリウスPHV、いかがでしたか?近未来的なデザインがカッコイイですよね。電気自動車のことはよく分かっていませんでしたが、自宅の配線を利用できるなど、意外と身近な存在なのだと分かりました。トヨタが近い将来スタンダートとなるであろう車として開発されたプリウスPHV。ぜひお店で体感してください。

もっと知りたい方は公式ページをチェック!



新型プリウスPHV

試乗予約はこちらから

気になった方はネッツのお店にGO!

西泉店 〒921-8620 金沢市西泉2丁目178 076-242-6131
鞍月店 〒920-8203 金沢市鞍月4丁目100番地 076-266-7700
松村店 〒920-0348 金沢市松村4丁目295 076-266-3003
元町店 〒920-0842 金沢市元町2-170 076-251-2244
田上もりの里店 〒920-1157 金沢市田上さくら2-100 076-231-3300
南店 〒921-8822 野々市市矢作1-127 076-246-2737
加賀店 〒922-0423 加賀市作見町ニ80-1 0761-73-4040
小松店 〒923-0854 小松市大領町ロ158 0761-22-5431
白山店 〒924-0804 白山市徳丸町595ー1 076-275-1105
津幡店 〒929-0328 河北郡津幡町舟橋に30-1 076-289-0555
羽咋店 〒925-0026 羽咋市石野町イ51-1 0767-22-2123
七尾店 〒926-0816 七尾市藤橋町申43-1 0767-53-7887
輪島店 〒928-0011 輪島市杉平町蝦夷穴61-7 0768-22-5229